コロナの影響で留学行けなかった人は何をすべきか『コロナ』

ENGLISH

こんにちは、大学生のまもるです。

僕は今年の4月から休学し1年間の海外インターン(語学留学も含む)に行く予定でした。
しかし、コロナウイルス拡大による影響でインターン先の国は入国禁止になってしまし、海外インターンは行けなくなりました。

おそらく4月出国予定だった留学生または海外インターン生はコロナの影響でなくなってしまったかと思います。僕も含め、本当に楽しみにしていた方が多いと思うので残念です。

こういった状況にいる方のために今後何をしていくべきか、について僕なりの考えをお伝えしようと思います。

今回の記事では『留学ができなくなった人がやるべきこと』を話していきます。

スポンサードサーチ

【【【ここにアドセンスコードを貼り付けます】】】

コロナの影響で留学できなくなった人がすべきこと

留学をする方のほとんどが語学を身につけたい。と言う方だと思うので今回はそういった人をメインに話していきます。

結論以下の3つです。

オンライン英会話に即入会
英語が話せる人を探して英会話をお願いする(language change)
資格の勉強に全力を注ぐ

それぞれについて解説していきます。

・オンライン英会話に即入会

これは、速攻でやるべきですね。コロナの影響もありますが、それがなくてもオンライン英会話はやった方がいいと思います。オンライン英会話のメリット・デメリットについては以下の通りです。

メリット

・家の中でできる
・いつでも英会話できる
・いろんな先生と話すことができる

デメリット

・ネット通信が必要
・オンライン会話に慣れてないと、最初は難しいかも

コロナの影響で『英会話教室』や『英会話カフェ』などは通えない可能性は出てくるので、オンライン英会話が最も安全だと考えられます。
英会話教室とオンライン英会話の値段を比較してみても、オンライン英会話の方がかなりお得。
おおよその値段ですが、英会話教室の1レッスン(40分)5000~7000円に対し、オンライン英会話は1レッスン(30分)300円〜700円とかなりオンライン英会話の方がお得だと思います。

ちなみに僕もやっているオンライン英会話が【Cambly(キャンブリー)】です。

かなり安くて質のいい授業なので、お試しでもやってみてください。

・英語が話せる人を探して英会話をお願いする。(language change)

英語が話せる人を探して英会話をお願いするのも一つの手だと思います。これにもメリット・デメリットあると思うのでそれを簡単にまとめてみました。

メリット

・無料でできる
・オンラインでもオフラインでもどちらでも対応できる(縛られずに済む)

デメリット

・友達を作るのに時間・労力がかかる
・教えてもらうという感じではなく、教え合うのがほとんどなので英語を学ぶ時間は少なくなりがち
・友達感覚なので相手の時間のことも考えなくては行けない

お金があって英語力を磨きたいという方は、オンライン英会話に入った方がいいですが、お金をかけず英語力を磨きたいという方はこっちをお勧めします。ちなみに僕はこっちをメインでやっていたので、オススメのlanguage partnerの探し方を紹介します。

どうやって、language partner探せばいいのか。オススメの探し方は以下の3つ。

・Hello Talk というアプリで繋がる
・大学に通っているなら、大学の留学生にいきなり声をかける
・外大の友達を作って紹介してもらう

一番難易度が低いのは『Hello Talkでパートナーを見つける』です。僕も使っているアプリで、外国人の方はかなりいるので外国人の友達は作りやすいです。ただ、僕の意見ですが、友達になって仲良くなるにはある程度の英語力が必要だなと感じました。やっぱり、無料で学ぶとなるとある程度自分で努力してから会話に移る必要がありますね

次にオススメするのは『大学に通うってる留学生に声をかける』です。がこれは難易度高いというか、勇気だったりコミュ力が必要だと感じます。実際、僕は声をかけて友達を作ったことがありますが、恥を捨てて馬鹿みたいに声をかけていたのを覚えています。
最後の外大の友達から紹介してもらうのも同じように大変ですので、それくらいの気合を入れて取り組んだ方がいいと思います。

・資格の勉強に全力を注ぐ

オススメしたいのは上の2つの方法ですが、英会話までの英語力がないと話せないと弱気に思ってる方は、資格に全力を注ぐのがベストだと思います。これは、僕自身経験がありますが、資格などを取ると謎に自信が湧いてきて、英会話してみようと思えるようになりました。

オススメの資格は以下の3つ。

・英検
・TOEIC
・TOEFL

トイック以外はスピーキングもあるので、かなり総合的な力が身につくと思います。ただ、TOEFLは専門的な知識がかなり聞かれるので英語だけでなく予備知識も勉強する必要があるので挫折はしやすいかと思います。そいったことを考えると、総合的にみて英検がオススメできますね。

資格に関しては、それぞれメリット・デメリットあるので自分でよく考えて決めてみてください。ただ、目標(英語を話すなど)を見失わないようには気をつけてくださいね。

最後に

以上がコロナの影響で留学がなくなった人がやるべきことです。
コロナの影響で留学に行けなくなったのは、僕も含め本当に残念だと思います。ただ、だからといって英語の勉強を諦めたりするのはやめてほしいですし、そう思うなら『なんで、英語を学びたい(話せるようになりたかったのか)をもう一度考え直してみてください』これを考える良いきっかけだったと開き直るのも一つの手だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました